The Landslide Society Chubu Branch

<ちゅうぶの地すべりについて>
 掲載内容は、随時追加していきます。

支部長からのごあいさつ
 (公社)日本地すべり学会中部支部は中部7県を擁し、長野県のように新潟県に次ぐわが国第2の地すべり多発地帯を抱え、天竜川をはじめわが国屈指の急流河川が走っています。また中部には、日本列島の地質構造を代表するフォッサ・マグナや中央構造線及び糸魚川−静岡構造線など問題の地質帯や第四紀断層が無数に走っています。毎年のように発生する自然災害による生命財産の損失は、わが国の生活基盤の脆弱さを象徴しています。
 中部支部は本会の構成員として、長年地域の地すべり防止技術の向上に寄与して参りました。会員は、多くの協賛会員の皆さんと共に研鑽を重ね、有益な研究技術の開発・情報提供を行って参りました。また、総会・基調講演・話題提供・シンポジウム・現地検討会・被災地での出前講座等が毎年行われています。
 今後ますます会員の努力によって、地域の皆様の期待に答えるつもりです。

ちゅうぶしぶ図書館
 毎年発行している支部ニュースやこれまでに開催したシンポジウム・現地検討会の資料・会員からの提供資料など、地すべりや土砂災害にかかわる資料を見ることができます。
 ※図書館への入口はこちら

ボランティア・ティーチャー派遣制度への取り組み
 (公社)日本地すべり学会中部支部では、支部活動における社会貢献の一環として、支部会員のもつ土砂災害に関連した知識を地域社会の方々や教育現場へ普及し、地域の防災力向上に寄与することをめざして、防災啓発や防災教育のためのボランティア・ティーチャー派遣の取り組みを始めています。
 現在、ボランティア・ティーチャー(講師)の登録を募集しています。詳しくは、こちら

Copyright(C) 2009 (公社)日本地すべり学会中部支部. All rights reserved.